遠隔セラピー 釘嶋のり永さん

兵庫県神戸市 釘嶋のり永さん

初めて遠隔で『シンギングボウル』セラピーを受けました。

このセラピーはセラピールームに行って受けるものだと思っていましたが、「遠隔」でも受けにいったのと同じような体験ができたのでとても驚きました。ベッドに横になっていると、背中のあたりが温かくなったのを感じたからです。

そしてリラックスしてきて、うとうと眠ってしまい、結局それから1時間以上深く寝てしまったようです。目が覚めるとすごく体がだるく、重かった。水がすごく飲みたくなって大量に取りました。それから二日ほど、だるさは続きました。

その遠隔以後、しばらくして、自分の変化に気が付きました。

同居している両親に自分の思っていることを、率直に口に出して「怒って」言うようになりました。当然、ちょっとした言い合いにもなったりしたのですが、その時期を過ぎたら、言うことも落ち着いたし、私がどう思っていたかも知ってもらえて、距離感がなくなりました。今まで、本音をいわないように距離を取って、いい人をやっていた、我慢していたんだと思いました。今は、余裕をもって自分の気持ちを伝えられるようになっていっていると思います。

直接、シンギングボウルも受けたことがあるけど、受けた感じは違っても、その時に必要なことは自分に起きているので、リアルと遠隔を、自分の状況によって選べます。ありがとうございました。

また自分に変化が必要だと感じたり、行き詰っていると感じた時には受けたいと思います。

 

 

 

LINEで送る